ISO27001の取得は取引を有利に進めることができる

ウェブサイトを防衛する

PCを操作する女の人

インターネットに繋がることが当たり前になった世の中では、企業の情報を管理するためのシステム導入が重要な課題になっています。情報の電子化は、紙媒体で情報を保存するよりも効率的です。そのため、現在ではほとんどの企業や自治体が電子記録を進めています。この電子記録を利用しているコンピュータシステムがインターネットに接続しているときには、情報に接続できる対象を制限しなければ、データを悪用されてしまう可能性があるので注意が必要です。近年では、サイバー攻撃などによる情報テロが話題になっているように、世界中から企業や自治体の情報が狙われている状況になっています。情報流出や改ざんを防ぐためにも、WAFのような防御対策が必要だと考えられます。

WAFとは、ウェブアプリケーションファイアウォールの略です。従来のファイアウォールなどでは防ぐことのできないサイバー攻撃から、ウェブアプリケーションを防御する役割を持っています。守らなければいけない情報に対するフィルターを何重にもかけることで、より確実に防御することができるこのWAFシステムは、多くの企業から注目されています。

ショッピングやゲーム、SNSなど、私たちの生活はインターネットなしでは考えられなくなっています。インターネットの使用頻度が高まるごとに、ウェブサイトに含まれる重要な情報の数も多くなってきています。重要な情報がたくさん詰まったウェブサイトは、サイバー攻撃の格好の対象になると考えられます。このような状況を背景にして、WAFの重要性は日を追うごとに増しているのです。